fc2ブログ
HOME プロフィール

幸子

Author:幸子
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

家族を知り愛を知る

安心しきっていた半年から目覚めた日。

オカンが退院して半年くらい経つ。
背中の痛みも少しづつ収まりベッドにいる時間も少なくなり、スムーズとはいかないけど何とか家事をこなせるまでになった。
荷物はそんなに持てないから少ししか買えないけど、一番家の近くのスーパーに歩いて買い物に行けるようになった。
不安定ではあったけど、私が仕事で行けない時間帯のダイヤの散歩にも行ってもらえるまでに回復。
意思疎通も問題なかった。
そんな毎日を重ねるうちにすっかり安心しきって、また前のように動物のことしか見えない毎日。
ふと気がついたら、オカンと話が噛み合わなくなっていた。
何を言ってるのかさっぱり解らない、伝わらない。

「なんでできひんの?前にも言ったやん。さっき言ったばっかりやん。なんで理解できひんの?」

そんなセリフを度々吐く自分。
オカンはもともと主語がなかったり何かの説明をするのが苦手というのがあったから、どこかで気のせいだろうとは思いたかったがもう認めなくてはいけない。
脳出血の後遺症とも言えると思うが、オカンに痴呆の症状が出ている。
数日前、今まで出来ていたダイヤのおむつの付け方が解らなくなっていた。
その姿を見たときは心臓が激しくドキッとした。
他の部屋の電気をつけっばなしにしてたら「ちゃんと消しや」と私に注意するくらいまでになっていたオカンは最近そこら中の電気をつけっぱなしにしている。
何かに手をつけても中途半端に放置。
こないだは火を点けっぱなしで危うく火事になりかけた。
そして、今まで出来た事ができないというショックそうなオカン。
私とジジイが、オカンに「おかしい。」と度々言ってしまった事がオカンを更に追い詰めていたようだ。
自分がおかしいのではないかという不安な気持ちが症状を悪化させてるかもしれない。
オカンの気持ちを知り発言に気をつけようと思いながらもそれでもついついオカンの反応にイライラしてしまう私、、
脳出血で倒れてから明らかにおかしな行動をしていたオカン。
物事を計画する、そういった部分がやられてしまっているので元通りにはならないだろう、
痴呆的な症状は消えないかもしれないと先生からも言われていたが、その後ほぼ元通りと感じるまでに奇跡的に回復したオカン。
それを考えれば、一度覚悟はしていたわけだし、あれから戻らなかったのだと考えればいまおかしくなったという表現はおかしい気もするし、そう考えればまだ気持ち的には楽なのかもしれないが、ただ前とは明らかに違うことがある。
それはオカン自身に自覚があるということ。
自分がおかしい事が分かる。とてつもない恐怖だろう。とても辛いこと。

去年の春に倒れてから勤務時間を短くしてもらってたけど、この1ヶ月ほど前から元通りとはいかないが今なら大丈夫だろうと勤務時間を少し元に戻した。
しかし今日からやはり勤務時間を短縮。
あらゆる判断能力が失われてきているオカン。今の状態は監視が必要な状態と感じる。
安心して仕事もしてられないが収入ないと生活できないから仕事しないわけにはいかない。
せめて少しでも家に早く帰るくらいしか今はできない。
家に帰ったら火事になってるかもしれない、、そんな覚悟まで抱えながら仕事に行かないといけないなんて、なんと情けないし悲しいことか。
今の状態では危険を感じるから、今日から私がなるべく早く帰るからダイヤの散歩は行かないように念を押して出かけたのに、
帰り道、ダイヤを連れてるオカンを発見、、(ーー;)
「ちょっと!行かんといてって言ったやん!!言ってる事わからへんの?」
「行かなあかんかなと思って、、」というオカン。
やはりこちらの言ってることが理解できない状態。
そしてダイヤを見たらリードがちゃんとつけられていなかった。
バイクや自転車が走ってると向かっていくダイヤ。。
リードは命づななのに。
危険を回避するには傍でチェックするしかないってのは良くわかってる。
しかし、いまその環境を作るのは難しい、、
どうしたらいいのかと悩むが答えは出ない。
自分ができる事を探してやるだけ。
まだ自覚もありコミュニケーションに問題ない部分もありはする。
今のうちにオカンも伝えておかないとと思ったのだろう。
今日は兵庫県にいる妹にオカン自ら電話していた。
電話を聞いていると一方的に話しているオカン。
きっとオバちゃんはオカンが何を言ってるか解らないだろうと、電話を変わってもらう。
これから妹の事もわからなくなる日も来るかもしれないから、
いつ何があるかわからないから(それはオカンだけでなく誰にでも起こりうることだが)
近々会う約束をした。
そして九州にはオカンのオカンや兄弟が沢山いる。
数ヶ月以内にオカンを九州に連れて行けたらいいのだが、、
経済的な問題やらなんやら色々厳しい、、。あ~情けない。
そしてお金お金の世の中が憎い。
オカンのオカンは完全にボケてしまってて、オカンが誰なのかも解らない。
そんなオカンに合わせることは残酷かもしれない。
それでもオカンは九州に帰りたいという。
無事連れて行けたらいいのだが。

そうだ。昨日まだ自分にできるか、確認したいとマッサージしてくれた。
遠慮なくしてもらった。気持ちよかった。
いつぶりやろう、オカンのマッサージ。
仕事止めて随分経つから前よりはヘタにはなってるけど、問題なく出来た。
やろうと思ったことができる。それが確認できることはオカンの栄養になる。

HAPPY BIRTHDAY オカン♪

2ヶ月近く放置なってたようで(^^;)
まさかのそれだけ調子が良かったということになると思います。
見てる方がどれだけいるかは知りませんが、もし心配して下さってた方がいたなら大変申し訳なかったですm(_ _)m
その後、骨転移の疑いありと思い覚悟を決めていたけど、先生に相談したところ、100%ではないが、それはないだろうとの判断。術前のPET検査で骨に異常はなかったし、そんな急に転移はないだろうという事。
私は先生のいう事を信じきった訳ではなかったが、オカンは相当ホッとしたようで、
背中は痛いけど気にならなくなるほど、精神的に楽になったのか、起き上がる時間が増え少しづつ元気になっていった。
その後、整形外科にもお世話になることになり、診断としては背中の痛みは、骨が相当弱っていて骨粗鬆症によるものだろうとのこと。
もし骨転移だったとしても、素人ながら自分で調べてみたら骨粗鬆症と同じような治療をするみたいな感じだったので、精神的な負担が軽くなっただけの展開みたいな感じで。
毎日自宅で骨を強化する注射を打つことに。
場合によっては痛みが悪化することもあると言われていたが、
スムーズではないが、現在1人で相当動けるようになり、家事も何とかこなせるし、まさかのダイヤの散歩、荷物はそんなに持つことはできないが、一番近くのスーパーに買い物に行けるまでになった。
11月22日。今日はオカンの誕生日。74歳になりました。
生きている元気な姿のオカンにささやかながらお祝いできた事、まさかの光景なのかもしれない。
毎日が当たり前ではないということ。
本当におめでとう。
本当にありがとう。
そして明日11月23日はチコちゃんのバースデー♪

こんな検索をすることになるとは思ってもなかった。

どうみても、ダイヤの散歩には行けないだろうと判断していたけど、
私が仕事で遅くなってしまった日、ダイヤの膀胱が心配で急いで帰ったら、
散歩に行ったというオカン。
どうやって??
その後どんな風に散歩できているのかチェックしてみたら、超スローペースながらも歩けるようになっていた。
というか、ダイヤが家の中で一切トイレしないから、ダイヤの様子を見ていたら体は痛くて辛いけど、無理して連れていくしかない状態で。
でも、歩くのは大事。
少しづつでも、歩けるって素晴らしい。
そしてそんな姿をみて少しづつ回復している証だろう、なんて単純に感じていたのだけど、
日中ベットで横になって過ごす事が多くなってきているオカン・・・。
背中やら腰やらが辛くてたまらないらしい。
マッサージ受けるの嫌いなオカンが、マッサージして欲しいと自ら言ってくるくらいだからよっぽどしんどいんやろう。
そして、生きてるのが嫌で仕方がない、生きる気力をすっかりなくしてしまってるオカンの態度。
脳出血で倒れたときにそのまま楽に死にたかった。
こないのだ手術ん時にそのまま楽に死にたかった。
そんな声が聞こえてくる。
実際自分がその立場になってみないとその辛さは解らないなんて事は解ってはいるけど、
優しくない私は、
なんて子不幸な親なんやろうと、腹が立つ事も多々で。。。
あまりの自分自身のキレように、ノイローゼになってるのかもと怖くなったりもする。

それにしても何でそんなにも背中(腰)の調子が悪いんやろう。
先生もレントゲン見て腰はなんともないと言ってたし、
ただの腰痛とかそんなものなんやろうと気楽に考えてしまっていた所があったけど、
もしかして・・・と、最近になってようやく気づいたというか思う事があった。
そんな可能性があることなど、全く頭の中になかった私。
そして今日の朝、糞ジジイの声に気分を害され緊張の中で目が覚める。
「そんな痛いんやったら骨ちゃうか。ガンは骨にも転移するねんで。」
生きる気力をなくしてしまってるほどのオカンの精神状態を気遣う事なく、
なんて爆弾発言するんや、この糞ジジイは。
そして、それをネタにまた呪文の話を展開する糞ジジイ。
こいつにとって、オカンの病気はやはり己の主張を通すためのネタでしかないんやろうと改めて思った。
こういう人間にこそ愚かさを知る試練が与えられるべきなのに、何でオカンばっかりと愚痴を言いたくなる…。
「憎まれっ子世に憚る」
なんて理不尽な世界なのか。

そんな可能性があることなど全く考えてもなかった。
そして、震えながら検索したキーワード。「ガン 骨転移」

長生き=幸せではないが、こんな人もいるんやと希望を感じたり。
「余命半年のガンになって7年経ちます。末期がんの診断を受けたがん患者です。骨などの全身に転移がありましたが、まだ生きてます。私が、ガンを克服した方法を全て掲載」
http://next-daylife.com/hone/

そして絶望を感じたり「骨は肺がんのがん細胞にとって転移しやすい部位の1つです。」
~肺がんの骨転移:なぜ骨転移が起こるのか~
http://www.novartis.co.jp/life/kotsuteni/haigan/index.html

骨に転移したら腰椎ヘルニアに似た症状が出てくるとの記述も見つけてしまった。
オカンの症状にそっくり。
情報を調べてみて、何でこんなに調子が悪いんやろうと不思議に思っていた感覚は消え、
その代わりに骨に転移してるかもしれないという不安で覆い尽くされる心。

あれだけ丁寧で神経質そうな先生の口から、「骨転移の可能性がある」と出てこなかったのは何故なんやろう。
今度の診察の時に聞いてみないと。

次から次へと、、少しも、穏やかに過ごせる時間を与えては貰えないね。。
まだ確定した訳じゃないけど、次から次へと精神的に追いつめられるこの感じ、あまりにも苦しくて。。
正直者でドSの私だけど、散々苦しんでる人間に対して「これからもっと苦しむ事になるかも。」なんて事はさすがに言えない。
あまりにも可哀想で、かける言葉がない。
オカンも私も、とっくに覚悟はしているはずなのに。

最高のプレゼント♪オカン見事退院☆チコちゃんの存在 #ありがとう

その後、オカンの精神状態は落ち着きを取り戻し、
肺活量が半分になるだろうと言われていたけど、呼吸もそう苦しくないもよう。
また心配していた合併症の恐れも(今のところ)なく、
なんと、予定より3日も早く今日退院した☆
入院が伸びることはあっても、短くなるだろうなんて思ってもいなかったからビックリした。
オカンは数々のトラブルを何とか乗り越えてきている。
先生には「お母さんが頑張られたからですよ」と言われたが、ひねくれた態度を見てたしそうは思えなかったので「そうですね」と返事できなかった正直な私^^;。
運が強いのかなんなのか。
何かに守られてるような気持ちにもなってしまう。
okantaiin.jpg

オカンの退院が決まったのはチコちゃんの3回忌だった9月12日。
またこの夜、チコちゃんの元彼氏の居候さんから家を出て行って初めて連絡があり、
何とか落ち着いて新居が決まったとのこと。
少し肩の荷が下りたようで久々に安堵感を覚えた。
チコちゃんの存在を感じずにはいられない、チコちゃんからのプレゼントのようにも思えた。

前の脳外科の先生はほとんど病室に姿を現さなかった。
今回は手術した患者だし術後の様子をチェックするのは当たり前だろうけど、マメに病室に足を運び、親身になってくれる先生に出会えたのも世間を見渡してみればラッキーという事になるやろう。
okansensei.jpg

ただ、肺の調子はなんとかなったけど、腰の状態が悪化しているようで?
入院した時より随分衰弱してるように見える。
ひとつひとつの動作にものすごく時間がかかる。
例えば、寝て起き上がるまでに5分以上はかかってる、、歩き出すまでもやっと。歩いてからも。
どこまで回復するかわからないけど、今のこの調子では買い物もダイヤの散歩も行けない。

それでも家を出ていくとき2度と帰れないかもと覚悟をしていったオカン。
家に帰って来れたことは喜び以外の何者でもない。
そしてどうしてオカンがいなくなったのはわからず過ごすしかなかったダイヤちゃんの笑顔を久々に見た気がした。
今日はダイヤちゃんの9歳のバースデー☆共に迎えられて嬉しい。
何よりオカンの帰宅はダイヤへの最高のプレゼント(o^^o)
また会えて嬉しいワン!!お帰りだワン!!!
okantaiin1.jpg

オカンの頭の中

早朝病院から電話。
手術後は個室だったが今日相部屋に移動するとの報告。
その後オカンからも電話が。
「病院から電話かかってきたやろ?部屋移動らしい。あと私の命どれくらいや??」
思わず「はぁ!?!?!!?自分昨日から頭おかしいし何言ってるかわからへんわ。」とイライラして口調が荒くなってしまう私。
やっぱりおかしいオカン。
その後病院へ。
私はなるべく安く済む部屋という希望に沿ってくれただけだと思っていたが、
ナースステーション横の部屋にわざわざ?移動させられていたオカン。
頭おかしいこと前提で、いつでも目が届くようにとのことなのか、、、
そして体についていた管やらが昨日外されて体周りスッキリのオカン。
わたし「思ってたより早かったんやね。」
オカン「そやねん。昨日全部外してくれはったんや。」
その時は肺が順調に回復してるということなんやなと思ったのだが。
先生もいないし頭の事など聞けずで。

昨夜の電話の様子から覚悟していったけど、
一部訳のわからない事を言ってるがそれ以外は何とか理解できるしコミュニケーションも取れ思ってたほど酷い状態ではなかった。
ただ、昨夜の事に関しては自分でも不思議だと言ってたが感じたこと(妄想)について一切疑っていない様子。
何故ここにいるのかわからないらしい。
でも質問したら答える事はできる。
なんでココにいるの?
「9月3日に肺ガン手術して入院してます。」

訳の解らない事を言うのは置いておいたとしても、手術が終わってから悲劇のヒロインか!とツッコミたくなるというか実際ツッコんだけど、相変わらず被害妄想が激しく自己中な様子が見え、手術が成功した事も嬉しくなさそうなオカン。
そんな姿を見てるのもあって、また私も何かが超えてしまってるようで、
オカンの態度やら発言にイライライライラし、他の患者さんの精神脅かさない程度で病室で吠える吠えるで。
自分自身をコントロールできなくなってることに少し怖さを感じた。

ベッドから起き上がるのも相当時間がかかったり腰が痛いのもあるとは思うけど日常的な動作がスムーズにできなくなってきてるオカン。見てられないほど日増しに弱っていく感じを受ける。
そして病室でベッドの上だけにいるとオカンが更に弱っていく感じがする。
予定通り退院できたらいいんやけど、、
ほんとは歩きたかったけどそれはまだ止めてほしいという事で、
車椅子でなら散歩の許可が出たので連れていった。
この光景いつぶり?3ヶ月ぶり~。笑
またこんな風に散歩する事になるなんて失笑。
前と違うのは酸素ボンベがついていること。
そして、前の時のほうがオカンは元気だったと思う。
okan96.jpg

一旦家に帰りダイヤの散歩とかを済まし夕方再度病院へ。
ベッドに横になりぼ~っとしていたオカンの目が人生の目的をなくした死んでるみたいな目で怖すぎた件。
仕事を終え?帰る間際になって先生が病室に立ち寄ってくれた。
昨日変な電話がありボケ老人みたいな症状が出ているようで、脳出血もしてるしまたオカンの頭で何かが起こってるんではないか不安だと話す。
そしたら、昨日のオカンはやはり様子がおかしかったらしい。
背中とか色んな所から管がついていてベッドから離れる事ができる状態ではないのに、
どうやったのか、勝手に管を外して「ここはどこや?」と一人で廊下を歩いてたりしてたそうで、、
先生らは危険と判断し何とか大丈夫だろうということで管を予定より早く外したそう。
ただこの状態だと、検査の数値で肺炎の恐れがあるかもということで予定より早く肺炎防止の薬を投入しているらしい。
要するに順調ではなかった。
そして監視できるようにとの意味もありやはりナースステーションから見える部屋にしたんだそう。
ただ、出ない人もいるが、手術の後は高齢の方はこのような痴呆のような症状が出る事があるらしく、
予想できた範囲内だったようで先生はいたって冷静でそれを聞いて少し安心した。
体調が安定してくれば、頭の中も落ち着いてくるだろうとのことで、とにかくトライボールで肺のリハビリを頑張ってほしいとのこと。今の状態じゃオカン一人だったらできない(やらない)だろうから、娘さんが背中を押してあげてほしいということで、やはりしばらくは無理してでも多めに病院へ行かないといけないなと思った。