fc2ブログ
HOME プロフィール

幸子

Author:幸子
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

家族を知り愛を知る

入院3日目、4日目。ついにベッドに。

昨日今日は仕事だったけど幸い仕事が早めに終わったので急いで家に帰りダイヤの散歩を済まし夜の病院へ。
オカンが心配でたまらない。1日1度は顔を見たい。少しでも同じ時間を共有していたい。
病院へ向かう道中毎度祈っている。「どうか悪化していませんように・・・」

入院2日目までのまとも具合の高かった反応が嘘のようにオカンの様子は一変していた。
脳腫瘍のむくみを取るという薬(ステロイド)を飲みはじめた影響もあるのだろうか!?
知らない人が見たら完全に精神異常者という事になるだろう・・・。
オカンの頭ん中で沢山の物語が展開されているようだ。

入院3日目。
足をベッドに放り出し、横になっていたオカン。良くこの体制をしている。
左脚が思うように動かないというのもあるのだろう。
辛い・・・
DSC_0012.jpg

そして私の顔を見るなりダイヤは大丈夫だったかと聞き、突然泣き始める情緒不安定なオカン。
いつかダイヤが玄関から誤って出て行ってしまった事を思い出しているようだった。
そして少し部屋から離れて戻ってきたら、オカンが違う人の部屋から出てくるのを発見でビックリ。
前日あれだけ歩きづらそうだったのに、今日は杖を持って比較的軽快に歩いているからこれまたビックリ。
運動機能がUPしたのはむくみを取る薬の影響もあるのかもしれない。
麻痺などが改善されると聞いたから。ただ脳腫瘍が改善されるわけではない。
看護師さんに注意してみていただくようにお願いし帰宅。

帰ってオカンが寝ていた部屋を整理していたのだが、、
ベッドの下に使用済みオムツが沢山隠されていた。。
引き出しの中を見ると管理できなくなってしまった薬の山。
ハガキに書かれたメッセージ。
至るところにオカンのSOSが溢れていた。。
涙が止まらない。。。
退院した途端、勘違いに安心しきって簡単に目を離してしまった愚かな娘。
本当に、本当に、、ごめん。。

DSC_0014.jpg
DSC_0013.jpg


入院4日目。
オカンはベッドの上で苦しみもがいていた。
ついに・・・
手首をベッドにくくりつけられ拘束されていた、、、。
なんと悲しいことだろう。
何も悪いことしてないのに・・・。
身動きもできないような小さな檻に閉じ込められている動物たちの姿と重なる。
そしてこの状態に反対と言えないこの苦しみ。
チコちゃんも、精神病院に入れられたときこんな風にされていたんだよね、、。
まさかオカンのこんな姿を見ることになるなんて、チコちゃんもあの世で涙しているだろうか、、。
ケガの防止など、オカンのメリットを考えてという事もあるのだが、
こんな目に遭わさないといけないなんて、病院での生活はやっぱりリスクも大きい。
話を聞くと昨夜は寝ずに動きまくってたようで夜勝手に徘徊したりいろいろと酷い状態だったよう、、。
他の患者さんもこんな風になるのか聞いたが、
転移性脳腫瘍だけでなく、脳梗塞と脳出血でダメージを受け続けたオカンの脳はやはり痴呆的な症状もひどく出てるようだ。
せめて私がいる時はと外してもらった。
帰ったらまた拘束されるのかと思うと中々帰れなかった。

DSCF7525.jpg

そして今日は手が思うように使えない状態にも関わらずおむつを破ってしまったり、オカンの活動力にビビらされた。
シモの事は相変わらず気になって仕方がないようだ。
そして、今日はやたらダイヤを剥製にすると言っていた。
こんなに悲しい状況なのにオカンの発想のユニークさにたまに笑ってしまう。
笑ってる自分が心から笑ってるのかは解らない。
そうでもしないと自分を保てないからなのかもしれない。
これからどんどん状態が悪化していきオカンはもっと苦しんでいくのだろうかと毎日先の事を考えては同じような状況にあった人のブログとか検索してみたり自分の精神状態も不安定ぎみ。
今日は仕事中何だかずっと体が震えてる気がした。
しっかりしろ、自分。
私までどうにかなったら、それこそおしまい。
周りに話が出来る人が誰もいないから、こうやってブログに記し吐き出す事で、
多少精神のバランスを取れているだろう。

それにしても・・・
脳梗塞に脳出血。挙句の果てに転移性脳腫瘍。
ドラマでもこんな展開見たことない。
魂の成長?それでどうなるの?苦しむ動物や人間がいなくなる訳じゃないよね?
ほんと人間を作った誰かさんて残酷で自己中だわ。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント