fc2ブログ
HOME プロフィール

幸子

Author:幸子
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

家族を知り愛を知る

入院2日目。3月8日のオカン。

昨日の夜泣きまくったからなのか、
昨日とは全く違う爽快感さえ感じて迎えたような朝。
やはり夢だったのだろうか。
そんな事を思いながらダイヤの散歩へ。
そしてその後チャリンコを飛ばして行ってみる。
だよね、夢じゃないよね。
今日は間違って仕事休みにしていたから出勤しようと思ってたけど、
そのまま放置で昼から夕方までオカンの傍で。
病室を開けたらスッキリした表情に見えるオカンが座っていた。
そして点滴の腕が反対になっていた。
聞くと、自力で外してしまったらしい(^_^;)
今日は昼から血管造影剤を使ってのMRI検査だったがそれは無事終えた。
動かずにジッとしていられたよう。
先生からの話は後日になるだろう。
少し前に隣町であれだけ歩けていたのは夢だったのではないかと自分の頭ん中を疑ってしまうほど、
運動能力は随分落ちている。
もうほとんど自力で歩けない状態だ。
支えがあっても厳しいくらい。
そんなオカンを見ていると脳まで犯したガン細胞が憎くてたまらない気持ちになった。
しかし、昨日今日とこちらの質問にまあまあまともに答えられていて、しっかり受け答えはできていたりもする。
だから昨日先生が診察で言ってたことも覚えている。
脳腫瘍がある事を知っている。
いつまでかは解ってないし、私も解らないが、まずは検査入院で入ったと知っている。
今日はこんな事をボソっと言った。
「認知症じゃなくて良かった。死は免れないが徘徊しなくて良い。」
そか、、ちゃんと死を受け入れてるんやね、覚悟できてるんかな、、
っと思ったら、
「ここまでやってきたんや。そう簡単には終わらさへんで。」

どっちかというと後ろ向きな発言しか耳にしないオカン。
だけどまだこんなに強い意思を持っていたのかと少々驚いた。。
生きたい。死にたくない。
うん、うん。そうだね。。。

去年倒れてからお漏らしなど下の件を気にする度合いが半端ないオカン。
家の中でも何枚も重ねておむつを履いたり、まめに便座カバーを変えたりしていた。
今はまだ何とかリハビリパンツで過ごせているが、今日チェックしたらパンツを上まであげる事ができなくて太ももあたりで止まっていた・・・。
そういう状態になっていること、それでは履いてる意味があまりないこと、それも解らなくなっている。
一番気にしていた部分のことも出来なくなっていく姿を見るのはとても辛い。
それだけ悪化していることを受け入れなければならないということ。

それでも今日病室でオカンと過ごした時間は穏やかそのもので、途中オカンの病気のことを忘れてしまいそうになったりしてハッとした。

と、同時に病院の患者への対応の不信感が募った。
昼から夕方まで、私が滞在していたのは約6時間。
その間、血圧測ったりお決まりの業務をただこなす以外オカンの様子を覗きにくる看護師はおらず、放置だったのだ。
私がいるからこそ出来たことが今日も沢山あった。
先生は病院なら安心でしょうと言って入院を勧めたが、逆に心配なんですけど、、、
私がいない日の病院でのオカンが心配でたまらなくなる。
今後どうしようか凄く悩む。
そんな事ができるのかさっぱり解らないが、やっぱり自宅に帰らせてあげたい、、。
問題は山積みだ。。

そういえば今日も病院へいくと行ったら安心してるような私に任せる的な空気だった糞ジジイ。
仕事だから来れないということか、と思って家を出たのだが、
帰ったら糞ジジイは仕事休みだった事が判明。
どうせまたパチンコにでも行ってたんだろう。
今日朝話した事はオカンの年金の話。
年金が振込まれるキャッシュカードをオカンに渡してしまってしくった、預かってないかと言う。
オカンが金にしか見えてない様子。
ほんと一体どんだけ冷酷な人間?なのか。
やっぱりこいつは鬼畜だ。
お前に何かあったとき、お前がオカンにしたこと、それ以上のことを私もしてやりたい。

スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント