fc2ブログ
HOME プロフィール

幸子

Author:幸子
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

家族を知り愛を知る

こんな検索をすることになるとは思ってもなかった。

どうみても、ダイヤの散歩には行けないだろうと判断していたけど、
私が仕事で遅くなってしまった日、ダイヤの膀胱が心配で急いで帰ったら、
散歩に行ったというオカン。
どうやって??
その後どんな風に散歩できているのかチェックしてみたら、超スローペースながらも歩けるようになっていた。
というか、ダイヤが家の中で一切トイレしないから、ダイヤの様子を見ていたら体は痛くて辛いけど、無理して連れていくしかない状態で。
でも、歩くのは大事。
少しづつでも、歩けるって素晴らしい。
そしてそんな姿をみて少しづつ回復している証だろう、なんて単純に感じていたのだけど、
日中ベットで横になって過ごす事が多くなってきているオカン・・・。
背中やら腰やらが辛くてたまらないらしい。
マッサージ受けるの嫌いなオカンが、マッサージして欲しいと自ら言ってくるくらいだからよっぽどしんどいんやろう。
そして、生きてるのが嫌で仕方がない、生きる気力をすっかりなくしてしまってるオカンの態度。
脳出血で倒れたときにそのまま楽に死にたかった。
こないのだ手術ん時にそのまま楽に死にたかった。
そんな声が聞こえてくる。
実際自分がその立場になってみないとその辛さは解らないなんて事は解ってはいるけど、
優しくない私は、
なんて子不幸な親なんやろうと、腹が立つ事も多々で。。。
あまりの自分自身のキレように、ノイローゼになってるのかもと怖くなったりもする。

それにしても何でそんなにも背中(腰)の調子が悪いんやろう。
先生もレントゲン見て腰はなんともないと言ってたし、
ただの腰痛とかそんなものなんやろうと気楽に考えてしまっていた所があったけど、
もしかして・・・と、最近になってようやく気づいたというか思う事があった。
そんな可能性があることなど、全く頭の中になかった私。
そして今日の朝、糞ジジイの声に気分を害され緊張の中で目が覚める。
「そんな痛いんやったら骨ちゃうか。ガンは骨にも転移するねんで。」
生きる気力をなくしてしまってるほどのオカンの精神状態を気遣う事なく、
なんて爆弾発言するんや、この糞ジジイは。
そして、それをネタにまた呪文の話を展開する糞ジジイ。
こいつにとって、オカンの病気はやはり己の主張を通すためのネタでしかないんやろうと改めて思った。
こういう人間にこそ愚かさを知る試練が与えられるべきなのに、何でオカンばっかりと愚痴を言いたくなる…。
「憎まれっ子世に憚る」
なんて理不尽な世界なのか。

そんな可能性があることなど全く考えてもなかった。
そして、震えながら検索したキーワード。「ガン 骨転移」

長生き=幸せではないが、こんな人もいるんやと希望を感じたり。
「余命半年のガンになって7年経ちます。末期がんの診断を受けたがん患者です。骨などの全身に転移がありましたが、まだ生きてます。私が、ガンを克服した方法を全て掲載」
http://next-daylife.com/hone/

そして絶望を感じたり「骨は肺がんのがん細胞にとって転移しやすい部位の1つです。」
~肺がんの骨転移:なぜ骨転移が起こるのか~
http://www.novartis.co.jp/life/kotsuteni/haigan/index.html

骨に転移したら腰椎ヘルニアに似た症状が出てくるとの記述も見つけてしまった。
オカンの症状にそっくり。
情報を調べてみて、何でこんなに調子が悪いんやろうと不思議に思っていた感覚は消え、
その代わりに骨に転移してるかもしれないという不安で覆い尽くされる心。

あれだけ丁寧で神経質そうな先生の口から、「骨転移の可能性がある」と出てこなかったのは何故なんやろう。
今度の診察の時に聞いてみないと。

次から次へと、、少しも、穏やかに過ごせる時間を与えては貰えないね。。
まだ確定した訳じゃないけど、次から次へと精神的に追いつめられるこの感じ、あまりにも苦しくて。。
正直者でドSの私だけど、散々苦しんでる人間に対して「これからもっと苦しむ事になるかも。」なんて事はさすがに言えない。
あまりにも可哀想で、かける言葉がない。
オカンも私も、とっくに覚悟はしているはずなのに。
スポンサーサイト



COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント